【日記】あみぐるみの黒猫・大アルカナ完成!

illy(イリィ)

かねてから、
鑑定申込の電話待ち中に編み編み、
寝る前に編み編み、
気分転換に編み編みしてきた、
編みぐるみの猫が完成い!

最初にすべての材料を買わなかったから、
途中で何度も作業が中断したけど、やっと出来上がった!

編み物研究家のタカモリトモコさんのあんでねあみぐるみという本に載っている黒猫で、
名前は「大アルカナ」(命名・真珠)。

本に載っていた黒猫の目は黄色だったけど、
近くのお店で見つからなかったので、
大阪市天王寺のショッピングモール「キューズモール」に入っている、
ABCクラフトで買ったピンクの目をしています。

ABCクラフトは、
きょろきょろしすぎて目が回るほど!
足の運動にもなりそうなくらい広くて、
大きめのスーパーマーケットの売り場くらいあってびっくりした。

編みぐるみは、
(大アルカナは1ヶ月近くかかったけど)
かぎ針と毛糸があって、
鎖編みと細編みと引き抜き編み、増し目と減らし目ができるなら、
編みぐるみが初めの人でも、1日あれば1体は作れるんじゃないかなあ。

すきま時間を使って、どこでも編めるし、
指先を動かすことに集中するから、
頭の中は目の数数えること以外しなくなるし、
頭を休めたい人にもおすすめですよ〜。

できあがったら、
かわいいのを毎日眺めてにやにやできちゃうし(^^)

次は白猫の「小アルカナ」を完成させて、
イベントで2匹に看板もちをさせます。

小アルカナの頭と鼻だけ編んだけど、
大アルカナよりも大柄な猫になりそうな予感。


いいな! と思ったら、クリックで応援してください(^^)

blogram投票ボタン

2件のコメント

  1. かわいい~上手ですね♪
    売れるのでは?昔、平面だけあみ袖ぐりにさしかかると母へパスしていた私。

    1. >yuyuさん
      各パーツ合わせたら、
      何回繰り返したかわかんないくらい、
      編んでほどいてを繰り返したこの汗と涙の結晶…、
      もう手放せないです(´∀`*)

      ああ〜、袖ぐりなんかの増し目・増やし目とか、
      目の数を数えるのはパスしたいところですよねえ。
      けど、うまく目数があったときは、
      「やったあーー!」
      という気分になれて、きもちいいですよ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。