【日記】「仕事」について(10/13のツイートより抜粋)

illy(イリィ)

カナダのアニメーション作家フレデリック・パック曰く
「君にはアートの才能がある。
だが、自分がもっているその才能を社会のため、何かのために活かさないと『意味がない』」
(トイストーリー3のアートディレクター隄大介さんへの言葉 http://youtu.be/6amCmXZJJNM

「われわれにはすべき使命があるんだ。
自分たちに与えられた特別の才能を、何か世の中に伝えていくことに使うんだ」
これは特殊な職業についていたり、特別な才能がある人だけに言えることではなくて、
この世は、各人が自分の才能を社会のため、なにかのために活かすことで成り立っている。

自分の才能に、当人が気づいてないことが、往々にしてあるんじゃないかな。
「こんなこと出来て当たり前」「誰にでもできることでしょ」って思っていることに、
その人の才能や、自分を活かせる方法がかくれているんじゃないかな。

自分が苦もなくできることで、他人がよろこんでくれたら、
そんなにラクで、うれしいことってないよね。

わたしはこれまで何度も転職をしたけど、
次の仕事を決めるときは、
それぞれの仕事に就いて
「自分はこういうことをするのが好きなんだ」
ってわかったことがたくさん含まれている仕事を選ぶようにしてた。
そして、タロット講座に通っているときに「これを仕事にしよう」と決めた。

なにを基準に仕事を選ぶかって、ものすごく大事。
なにを第一条件にして選ぶかによって、その仕事でなにを得られるかが決まるから。
「やりがいがほしい」「自分を活かしたい」と思うなら、
それを第一条件にして選ぶことで、それが得られるっていうシンプルな方程式があると思う。

…ということを、
ほぼ日刊イトイ新聞「堤大介さんインタビュー 「スケッチトラベル」とは?」の動画
http://youtu.be/6amCmXZJJNM を見て思ったのでした。

タロットや、日々のことや、日々の気づきなどについてつぶやいています。
Twitter タロットカードリーダー真珠Shinju
http://twitter.com/S_C_O_R_Shinju 


いいな! と思ったら、クリックで応援してください(^^)

blogram投票ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。