8月9日(火)はスカイプで宇宙語講座1を開講しました

illy(イリィ)

こんにちは。
スコーリーディングルームのイリィです。

本日8月9日(火)は、
スカイプで宇宙語講座1を開講しました。

今回より新しいテキストを使用します。
が、
先にテキストをお送りしてあったということもあり、
読み上げられた部分は半分くらい。
のこりは、受講者さんが知りたいことに則った内容を、
テキストの内容で補完するという、
半分フリースタイルなやり方ですすめました。

今日はマンツーマンでの講座だったのですが、
わたしはやっぱり、最大でも2名までの
ごく少人数での講座・ワークショップがいいなと思いました。

なぜなら、受信者に合わせて発信をしたいからです。
そのときの、その受信者にもっとも適した答えを伝えることは、
受信者にとって、もっとも受け取りやすく、
心を開いてもらいやすく、もっとも受け取りの準備がなされていると考えます。
最大4時間という時間のなかで、
宇宙語翻訳に関する伝えたい内容を、最大限に受け取ってもらうためのかたちとしては、
最大2名が、じぶんにとってベストなのかも、と思います。
ある情報を発信する上で、受信者の数が増えれば増えるほど、
全員に通づるような内容の改変や、伝え方の工夫が必要になり…、
という考えが、まだじぶんの中にあるからとも言えます。

そのへんの理屈抜きで、ぜんぶおまかせで行うということは、
ある意味わたしの理想とするところではあるのですが、
宇宙語講座1に関しては、わたしはそうしたいと思えないので、
いまのところは今回のようなフリースタイル部分を含むスタイルで
やっていくことがいいかなと思っています。

今回は、
受講者の方がエネルギーリーディングに慣れている方だったので、
それに合うスタイルですすめていきました。

マンツーマンでの講座では、より受講者さんにフィットした内容と
スタイルでの受講ができるところが、
2人で受講する講座では、ほかの人の宇宙語が翻訳が聞けるところが、
メリットかと思います。

それぞれのプロセスの中に
受講する人それぞれの発見や気づき、収穫があります。
受講することでなにが得られるかではなく、
どんな体験をすることができるかの方が、
わたしには、わくわくさせられる部分のように思いますし、
そこに意識を向けることのほうが、結果として
より豊かに受け取ることができるように思います。

カリキュラムにある内容でもあるのですが、
じぶんがなにを知りたいのか、なにを望んでいるのかを
はっきりさせた上で受講すると、
より楽しめるのではないかと思います。

知りたいこと、望んでいるものがなにであってもよいのです。
それを把握するために、じぶんのなかを見つめるという行為(プロセス)が、
受け取れるものの量を増やす鍵であるからです。

宇宙語(ライトランゲージ)の翻訳も、
いきつくところは「じぶんはどうしたいか?」ですが、
じぶんがどうしたいかを把握すること、じぶんがしたいことをすることに
関心がある方は、きっと宇宙語を翻訳するというプロセス自体が、
それを助けてくれるんじゃないかなと思いました。

宇宙語講座1は、対面とスカイプで、
リクエストを受けて、希望日時に随時開催しています。
1名さまから受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

▶︎ 【大阪・スカイプ】 宇宙語講座1《1名さま〜随時開講・開講リクエスト受付中》

【大阪・スカイプ】 宇宙語講座1《1名さま〜随時開講・開講リクエスト受付中》

9月に名古屋で宇宙語講座1を受講したい!
という方のご希望も承っています。

▶︎ 9月に名古屋(または名古屋市近郊)でセッション・講座を受けたい方を募集します

9月に名古屋(または名古屋市近郊)でセッション・講座を受けたい方を募集します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。