感情解放にかかる時間

illy(イリィ)

こんにちは。
スコーリーディングルームのイリィです。

今日は感情の解放にかかる時間について書いてみようと思います。

感情解放にかかる時間を決めている3つの要素

感情解放にかかる時間はさまざまですが、
感情解放にかかる時間を決めているのは、

  1. どんな未消化の感情を抱えているかを認識できているか?
  2. 自分の感情をすなおに認められているか?
  3. 1と2のプロセスで生じた感覚を、急がずきちんと味わえているか?

が、直接的な要素として挙げられると思います。

上記3つを補完する要素として、

  • 感情・感覚を(意識的にも無意識にも)無視せず、認識できているか?
  • 未消化の感情はどのようなことに対して感じているのか?(これは重要)
  • 自分に素直か?

など、さまざまな要素がありますが、ここでは割愛します。

未消化の感情はその存在を認めた瞬間、解放される

未消化の感情は、それがあると自分が認められたとき、
即座に解放されます。

ほんのちょっとの否定もなく、
自分に言い聞かせて、納得させようとすることもなく、
「わたしは、このことに対して、こう感じていたのだ」
と、全面的に認め、そのことを受け入れたなら。

未消化の感情が解放されるとどうなるか

未消化の解放されると、そのことにまつわることを想像しても、
不快な感覚が沸き上がってこなくなったり、
それにまつわることへの感心が消えたりします。

起点となっていた出来事を「特別なこと」と感じさせていた
未消化の感情がなくなったので、
その出来事が「どうでもいいこと」になってしまうわけです。

内にあるものが、その人の世界を作る

人は自分の内に否定があると、
見ている世界(物理現実)の中に、その否定しているものが生じます。

ですから、日常生活の中で不愉快な気分を味わったり、
もやっとしたりすることがあったりしたら、
それに関するもの(自分が否定しているもの)を自分の内に探して、
それを認め、受け入れること=肯定することで、
より心穏やかに過ごせるようになっていきます。

自分の内にあるものが、世界として外に形作られます。
未消化の感情を解放すると、世界がもっと優しく、
嬉しいものがいっぱい詰まっているように見えるようになると思います。

▼内側にあるものを見て、より楽になるお手伝いをしています。

タロットカードを使った内観サポートリーディング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。