転世(過去世・未来世)の統合と、「じぶんを観察すること」 〜葛藤、思いこみ、思考、妄想からの解放について〜

illy(イリィ)

昨日、アジャシャンティの動画を見ました。

この動画のなかでアジャシャンティが話していたことを思い出し、
昨晩、ゆぶねのなかで、
葛藤のある転世を思い出して統合・昇華させるというのをやってみました。

そしたら3つの転世が思い出されました。

1つめは、肉体から出た(?)直後の3歳児くらいの男の子。
眼下でその子の親兄弟がにすがりついて泣いてるのが見えて、
当人(ひとじゃないけど)はなにが起きたかわかってなく、
彼らがじぶんに気付いてないことや、呼びかけに気付かないことに困惑しているようでした。

なので、浮いている彼に、
「もう肉体といっしょにいれないんだよ〜」と伝えたのですが、
よく理解できないようだったので、
大天使ガブリエル(だったかな?)を呼んで、しばらく抱いていてもらいました。
だんだんと彼の表情がかわっていき、じき昇天したもよう。

2つめは、母親に関心をもってもらえなかった6歳くらいの女の子。
母親に手を引かれて歩いているようすが見えましたが、
ずっと地面を見ながら歩いていました。
時間を早送りすると、アパートの部屋の椅子に座っている無表情の彼女が見えました。
感情にふたをし続けたまま肉体から出ることになったようで、出た後は怒っていました。

大天使にきてもらって、彼女を抱いていてもらうと、
最初は怒りが、そのあと悲しみが出てきて、そのあと昇天。
孤独感と、愛も感情もないという強い思いが昇華されたようです。

3つめは、成人女性。
お金持ちのおじょうさんか奥さんのようで、
広大な敷地の庭、家で、踊っている様子が見えました。
踊っている彼女の顔にはいかにも幸せ〜って表情と、
「この恨みはらさでおくべきか(メラメラ)」みたいな表情が交互に見えました。
旦那さん?父親?と住んでいるのに、だれにもかまわれずに一人で放置されていたようでした。

お金があることと幸せはまったく関係がない、ということを
まざまざと見た、彼女の転世のビジョンでした。
そのあとどうしたかは思い出せませんが、とにかく昇天しはりました。
3人それぞれが昇華・昇天したあと、
イリィのほうにも微かな体感や、統合したかんじがありました。

そのあとにも、イリィさんの人生の登場人物の3Dビジョンが見えて、
話しかけてきたのに対応して統合したりもしましたが、
肉体・個というじぶんに付随する葛藤や思いこみは、
過去のものであろうと未来のものであろうといまにあるので、
当然、いまの個のじぶんのありかたに関わっています。

だからこそカルマの解消と言われることが存在するわけなのですが、
葛藤や思いこみは当人にとってはデフォルトな内容なので、
そう思うことがふつう、そうすることがふつう、そう理解することがふつうなわけです。
人が聞いたら「ええ〜!」と驚くようなことであってもです。
そして、そのときに発生するストレスなどは、
無意識に、脊髄反射的に処理されて、なかったことにされるので、
本人は、じぶんがストレスを感じていることにすら気付かなかったりします。
もちろんなににむかついたり、悲しんでいるかということも。

しかしこれらには、
「意識しながら」街中を歩くだけで気付くことができたりします。
「意識する」のは、じぶんのなかに発生するものに対してです。

頭を空っぽにして、
「なにもしないをする(I do nothing.)」状態で、
人々や、物や、周囲を見てみるのです。

そうすると、頭のなかに、思考や感情が発生します。
意識していると、これらが「かってに」発生しているのがわかります。
かってにというのは、じぶんがなにかをしたから連鎖的に発生するのではなく、
なんの繋がりもなく、独立したものとして(起きている)、ということです。
それらがかってに収まっていくのも、意識を向けているとわかります。
徐々に形を失っていくのです。
砂浜にある砂山のように。

転世の葛藤・思いこみを解消する作業と、
じぶんのなかに思考や感情が「単に」発生しているさまをみることで、
悩みのたねとなる思考や感情、葛藤や思いこみといっしょになって、
悩んだり、思考のループにはまったり、苦しんだり、
わるい妄想にはまったりすることから、抜け出しやすくなります。
イライラ、悲しみ、不安、恐れなどに振り回されにくくもなりますし、
それらが発生しても、動揺したり引きずったりしにくくなります。

じぶんのなかを観察することで、いろんなことがわかりますし、
じぶんが変わっていけばすべてが変わっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。