リーディングってなあに?

illy(イリィ)

リーディング Reading とは、「読み取る行為」を指します。
文字を読み取る、タロットカード示す意味を読み取る、
エネルギーを読み取る、いずれもリーディングです。

ここでは、エネルギーリーディングについてお話をします。

ID-10081884 2

エネルギーは、人それぞれ、固有の振動数・周波数をもっています。
そして、そのときどき、感情の状態、葛藤、思考、性質などによっても、
固有の状態があります。>> エネルギーってなあに?

エネルギーは時間と空間の影響を受けませんので、
読みとり手(Reader)と、対象となるものが離れた場所にいても、
リーディングに支障はありません。
いまのことだけでなく、過去・未来にもアクセスし、情報を得ることができます。

リーディングを行うとき、読み捕り手は、対象を特定する為の情報をカギとして、
相手のエネルギーとつながります。
リーディングセッションを受けるとき、
「相手の方のフルネームと住所/生年月日を教えてください」
と言われることが在るのは、そのためです。
(厳密には、個人情報がなくとも繋がることはできます)

リーディングによってわかることはさまざまですが、

  • 感情に関すること(葛藤、思いこみ、じぶんでじぶんに課した制限など)
  • 肉体に関すること(全体のコンディション、不調箇所、要因など)
  • 他者に関すること(特質、心身のコンディションなど)

などが、過去〜未来を関係なく、読み取ることができます。

ですから、
じぶんがやりたいと思っていることを実行できない要因となっている
過去の思いこみや、感情のしこりや、他者との関わりなどに気付けたり、
会おうか迷っている人物の特性を、約束をする前に把握したりすることができます。

しかし、リーディングの結果とは、
あくまでリーディングを行った、そのときのものであります。
未来の傾向ならば、そのときのありようのままでいったなら、という、
仮定に基づくシミュレーションです。
これはエネルギーリーディングに限らず、カードリーディングなどでも
同じことが言えます。

ですから、リーディングの結果はあくまで「参考情報」としてとらえ、
鵜呑みにしたり、盲目的に信じたりしないこと、
リーディングを受ける前に、じぶんがなぜそれを知りたいのかをはっきりさせておくこと、
これらがリーディングの結果を実際に役立てるために欠かせない姿勢であるでしょう。

この姿勢とは、
どうするかをじぶんで決めることに肚を決めること、
じぶんに正直になることでもあります。

だれかに決めてほしい、と責任を丸投げしたり、放棄したりすることは、
もしそれが望まない結果をもたらした場合、
「あの人のせいで」「あの結果のせいで」
という、終わりのない思考を生み出します。
もし人に任せきってしまうなら、
「どうなってもかまわないから、この人の言う通りにする」
と肚を決めることです。
しかし、「○○にしなさい」などと答える読み捕り手はまずいないでしょう。
そんなことをすれば、依頼人は力を奪われ、
だれかがいないとじぶんは生きられないという考えを植え付けてしまうからです。

また、じぶんに正直でなければ、
ほんとうに納得のいく答えを聞くことはできません。
これはリーディングを受ける直前、なにをたずねるかを決めるときにでもいいと思いますが、
じぶんがほんとうに知りたいことはなにか、
また、それがわかれば、ほんとうに溜飲が下がるのかを、
きちんと確認することはとても大事です。

なにかを守るために隠したり、ぼやかしたり、スルーしていたりということは、
故意にだけでなく、じぶんの知らないうちに無意識に行っていることがあります。
その場合、じぶんがなにを恐れていたか、なにが問題だったかに、
ほんとうには気付いていない場合があります。
じぶんにとってなにが問題なのかを見極めることはとても大事です。
正体を見極めようとすることが怖くて、見極めることに手をつけられていない場合があります。
しかしそういう場合でも、正体を見てみれば大したことではない場合がよくあります。
「きっとたいへんなものが隠れているはずだ」
「結果を見たら、傷ついて立ち直れなくなる」
という思いこみと予期不安が、問題を直視することを妨げている場合があります。

リーディングは、問題や事象を客観視することにもとても役立ちます。
いつ、だれが、どのようなことをし、どんな問題が生じたか、
冷静に、秩序立てて説明する行為は、
感情や不要な思考の渦から、じぶんを切り離してくれます。
問題について他者に話すだけで癒しが起きて、
その問題が音大でなくなる場合もります。

リーディングは特別な行為ではありません。
だれでも、いつでも、気付かずにやっている行為です。
しかしじぶんだけではわからなくなったとき、
より広い範囲でつかめる先に相談することは、よりじぶんらしい判断を下すことに役立ちます。

リーディングをじぶんらしい毎日の実現のために活用して、
よりらくに、より自由な毎日を過ごしていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。