充血と6

illy(イリィ)

ネイル+タロットイベントの後、
タロットの本を探しに、なんばのジュンク堂へ。

スプレッドがたくさん紹介された本を探しに行ったのだけど、
よしもとばななさんの新刊「もしもし下北沢」が発売されているのを思い出し、
現代小説(女性作家)の棚へ。

並んでいた「女子の魂! ジョシタマ/よしもとばなな+蝶々」をちょっと読んだらがすんごくおもしろくて、
目が文字を追うのを止められなかった…。

そんなこんなで3時間以上うろうろした後、外に出たら、
観光旅行中の白人のおじさまおばさまグループが、
大勢でカメラを代わる代わる渡し合って写真を撮っていたので、

「とりましょうか〜?」

と声をかけたら、
おじさまに、

「(英語)ありがと、でもだいじょうぶです」

と、ちょっと緊張した面持ちで言われた。
そうか〜とそのまま足の疲れでちょっとふらふらしながら帰宅。
そして帰って鏡を見ると、目が真っ赤!!!
おじさん、わたしがよっぱらいかなにかかと思ってびびってはったんか…。
おじさまたち&おばさまたち、驚かしてごめんよ!!!
[大阪=おっとろしい街]と記憶に刻まれねばいいが…。


そんなスタートを切ったわたくしの来週のキーナンバーは6。

【6】カップペイジ+Stay optimistic.
あなたが会いたいと思う、離れたところにいる誰かと、
会う約束が交わされる週となるかもしれません。
誰か、とは、
離れたところに住むパートナーや、家族、
あるいは深い愛情を持っている、かけがえのない人物であるように思います。
あまりにも離れたところにいるために、
または、あまりにも長く会う約束がされなかったために、
あなたはにわかに、会えるということを信じられないかもしれません。
しかし、これは、
あなたが長く望んでいたことなのではないでしょうか?
あなたの望みは間もなく現実になります。
投げ出したり、あきらめたりせず、
するべきことをして、導かれるままにすすんでいただきたいと思います。

わたし、こんなこと書いてたのか…。
いつも読むたびに、ああそういやこういうこと書いたなあと思うけど、
今回はまったく忘れていたな。

そして、誰かとはだれやろ、だれやろ?
今日眠りにつくまでの間に、
ぼんやり想像することにいたしましょう。

blogram投票ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。