Second Life内のお店用のブログをつくりました&考え事

illy(イリィ)

SCOR512.jpg
Tarot Card Reading *SCOR in Second Life

(クローズしました)

「真珠のタロット日記」で借りているFC2ブログは、
1つのIDで1つのブログを借りられるとのことで、
FC2が使い慣れてるし、テンプレートが多くて好きだけど、
liveddorブログで開設しました。
ご予約状況、
臨時休業日、
重要なお知らせを見ることができるブログです。

***

Second Life内でのタロットカードリーディングは、受付時間を21時〜23時、0時には終了と決めているのだけど、
リーディングにかける時間を決めていない。
目安となる時間については、
相談者さんが音声会話をされるなら、1件につき30分が目安、
チャットなら、1件につき45分〜1時間が目安と、
Second Life内で配布しているお知らせに書いて、だれでも見られるところに設置している。
いままで、1日のうちにじゃんじゃんお客様が来られるということはまれだったし、
いまもまれなことだけど、
それでも最近ほんとうにありがたいことに、ずっとぼうっとしていて終わる日がないので、
リーディング時間についてもきちんと決めた方がよいのかもしれないと思い始めた。
わたしがSecond Life内でタロットカードリーディングをする理由。
わたしは役になっているんだ!という実感が欲しいから?
もしそうなら、
役に立つためには、終わる時間の目安が、相談者さんにわかるほうがいいよなあ…。
話の流れで件数が増えることになる可能性はあっても、
ある程度の時間枠をもうけて見させてもらったら、結果的に内容のクオリティがあがることにもなるかもしれないな…。
時間枠を決めたときに起こる、困ることって何だろう。
相談者さんが、リーディングを始めてから「あれもみてほしい」と思ったときに、件数によっては応えられなくなるかもしれないということか。
そこをフォローできるやり方があれば、だいじょうぶかな…。
音声通話を使われる方は、30分単位、
チャットを使われる方は、1時間+追加は30分単位でみさせてもらうことにしたら、
お客様にとっても、自分にとってもよいのかな…。
これはもーちょっと煮詰めよう…。

***

今日は掃除をして、大阪市内で一番大きい図書館に行って新潮2月号のよしもとばななさんの王国を読むぞう!
blogram投票ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。