「怒り・悲しみ・恐れ・不安」などの感情の解放と、固定観念の関係

illy(イリィ)

先日より、対面タロットカードリーディングのセッションに組み込んでいる、
「感情解放タッピング・セラピー」は、
特定の出来事や人物とむすびついている感情を解放し、
「たいしたことじゃないよね」
と思えるようになることを目指したセラピーです。

たとえば、浮気をしまくったあげく、
別れを切り出してきた過去のパートナーがいるとします。
それ以来、そのことを思い出すと、
はらわたが煮えくり返るほど腹が立つとします。

ID-100163146

それが、
「ああ、そういう人もいたよね。でももう過去のことやし」
と言えるようになる、というかんじです。

「感情解放タッピング・セラピー」でキモとなるのは、
「なににまつわる、どんな感情をターゲットにするか?」
を明確にすることです。

しかし、頭の中に固定観念があると、
その感情をターゲットにすればよいか、わからなくなってしまうことがあります。

怒りを感じたとしても、
「誰かを悪く言うのはいけないことだ」
「怒ることはよくないことだ」
「はらわたが煮えくり返るなんて、思ってはいけない」
「人には無条件の愛で接するべきだ」
などの固定観念が無意識に動きだし、
感情にフタをしたり、抑圧したりするからです。

そうすると、自分がどうかんじているのかよくわからない、
自分がどう思っているか考えるとくるしくなる、
というようなことが起きたりします。

なので、自分がどう思っているか、どう感じているかわからないなあ〜と思うときは、
あらかじめ、紙に書き出して、整理をしておくとよいです。

自分が感じている感情を、
どんなに恥ずかしいとか、「アイタタタ…」と思っても、
思いつくまますべて書き出します。
人にどう思われるかなどは考えず、正直に書き出してください。
(作業が終わってから、紙を破って燃やしてしまえば、だれにも知られることはありません)

このとき、
「これを書いてははいけない」「こう感じてはいけない」
と感じたら、なぜそう思ったかも書き出します。
この感覚はとても微細なので、無視しないよう注意してください。
そうすると、だんだんすんなりと書けるようになってきて、
自分の本音がわかってきます。
同時にどんな固定観念があるかもわかります。

この本音に沿って生きるということが、
「正直に生きる」ということだったりします。

先日書いた「『幸せ』の条件づけは、『幸せ』の実現を阻害する。」ともつながっていますので、
こちらも興味がおありの方は読んでみてください。

[disclaim]明日6月18日(火)は、セッションはお休みです。

あさって6月19日(木)以降のご予約の対応は、通常通り行います。[/disclaim]

↓6月生まれの方は、1,000円オフになります。
[disclaim]お誕生月は、対面セッションが1,000円オフになる「バースデー割」がご利用いただけます。
当月中は、何度でも、割引料金でご利用いただけます。(対面タロットカードリーディングのみ)

[button url=”http://tarotscor.com/menu/割引サービス”]割引サービスの詳細はこちら[/button][/disclaim]

↓来週6月20日(木)は、京都でのタロット占いイベントです。。
[disclaim]6月20日(木)タロット占いイベント「Ftime+タロット☆すっきりカフェ vol.49」
at 京都市左京区 ココカラアジトcafe+shere

スイーツをいただきながら、気軽にタロット占いが受けられるイベントです。
15時45分以降に空きがあります。

[button url=”http://tarotscor.com/archives/18826″]Ftime+タロット☆すっきりカフェ vol.49 の空席状況・詳細はこちら[/button][/disclaim]

▼いつもぽちっと応援ありがとうございます(^^)

 にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。