春が来た?と、今回の水星逆行は「カップ6」

illy(イリィ)

今日の大阪市内は、午後から雨模様。
だけど気温は20度くらい、と、春を感じさせる日でした。
昨日の鑑定お休みデーは、あちこちで春の花を見かけましたよ。

左からZの順に、じんちょうげ(白)、菜の花、白梅、さざんか(たぶん)、はくもくれん。

201303128985 201303128984 201303128982

201303128980 201303128978

一番最後の写真は、大阪谷町六丁目セッションルーム前に植わっているはくもくれんのつぼみです。
白いつぼみになると、白い小鳥が枝にとまっているみたいに見えてかわいいんですよ〜。
大阪谷町六丁目セッションルームにこられる際は、ぜひチェックしてくださいね(๑•̀д•́๑)/

[line]

話は変わって、
現在、西洋占星術のホロスコープ上では、「水星」が逆行中だそうです。

「水星」が逆行している期間中は、
物事が思うようにすすみにくいけど、過去のわだかまりなどと向き合うのによい時期だそうで、
加えて、現在は「水瓶座」にいくつもの惑星が集結しているそうです。

「水瓶座」は、「火地風水」の中では「水」という属性の星座で、
タロットでは、「水」は、
小アルカナという組の「カップ」というスート(マーク)にあたります。

「カップ6」のタロットカードが、
ちょうどいまの期間を表しているかんじですね。

小アルカナ カップ6
カップ6

「カップ」は、愛情や情動を表すスート。
「カップ6」に描かれているのは、
子供の頃の美しい思い出、幼なじみとの交流の様子です。

ただいっしょにいたいから、ただ相手に親切にしてあげたいから、
いま心を開いて交流をたのしんでいる、というシーンで、
ここに打算や、具体的な目的はありません。

「この先になにがあるか」ではなく、
「いまこのとき」を大切にすること、
過程(プロセス)をたのしむということのすばらしさを、
実体験の記憶を通じて思い出してね、それを信じてね、と訴えかけているようにも感じられます。

なので、この「水星逆行」期間中は、
過程をおざなりにしてしまった「過去」を、美しいものに変化させること、
過去の美しい記憶を通して未来をみるように、物事の「見方」を変化させることに、
ちょうどよい時期だとも言えるかもしれません。

「水星」は3月18日(月)に順行に転じるそうなので、
だれかとけんか別れしたっきりになっている人は、この間に仲直りの連絡をとってみるとよいのかも。
あるいは、過去のことですっきりしない気持ちを抱えている人は、
愛と信頼という視点から、その出来事を改めて見つめてみるとよいかもしれません ( •̀ .̫ •́ )✧

▼いつもぽちっと応援ありがとうございます(^^)

 にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

[disclaim]3月生まれの方は、対面鑑定で「バースデー割」がご利用いただけます。

3月生まれの方は、対面タロットカードリーディングが、
3月中、なんどでも、「鑑定料金1,000円オフ」にてご利用いただけます。
ご予約時に「バースデー割利用希望」の旨、お知らせ下さい。

[button url=”http://tarotscor.com/menu/割引サービス”]割引サービスの詳細をみる[/button]

[button url=”http://tarotscor.com/対面タロットカードリーディング”]対面タロットカードリーディングの詳細をみる[/button][/disclaim]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。