「よくこわがられるけどこわくないタロットカードトップ3」第3位 大アルカナⅩⅥ 塔 THE TOWER

illy(イリィ)

今日はタロットカードについての記事です。

真珠がつかっているタロットカードは全部で78枚あるのですが、
なかには「こわい!」と言われたり、
おそるおそる「これなんですか…?」と聞かれたりするカードもあります。

すべてのタロットカードにはポジティブな意味がこめられているので、
おっとろしい意味をもつカードはないんですが、
と、いうわけで(?)、
「よくこわがられるけどこわくないタロットカードトップ3」
と題しまして、
セッション中によくこわがられるタロットカードの「ほんとうの意味」をご紹介せていただこうと思います!

***

ではさっそく、第3位からご紹介しましょう。

第3位 大アルカナⅩⅥ 塔 THE TOWER

 

ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 塔

78枚のタロットカードのなかで、
「これなんですか?」と聞かれることがもっとも多いのは、この「塔」のカードです。

背景はまっくろだわ、稲妻で火はついてるわ、人は落ちていってるわで、
「いったいなにごとか!?」と思うようなシーンが描かれていますよね。

このカードが表していることは、絵のとおり、
「『塔』にあたるなにか」が突然の衝撃を受けてこわれること、です。

塔は、頑丈な材料をつかって時間をかけて作られて、
長い時間そこに存在する物体ですね。
建て始めたときから数えると、とてもとても長い時間そこに存在しているわけです。

ですから塔は、
「古びていまに合っていないなにか」をあらわしていて、
「塔」のカードは、
「古びていまに合っていないなにかが突然の衝撃を受けてこわれる」ことをあらわしています。
つまり「スクラップ&ビルド」の瞬間を「塔」のカードは表しているんですね。

具体的な例をあげると、

  • 腐れ縁の友達が、相手の急な転勤で疎遠になり、それがきっかけて新しい友達と親しくなる
  • 古い価値観をもった人が革新的な意見を聞いて、新しいものの見方ができるようになる

というかんじでしょうか。

ずっとあったものが急になくなったらびっくりするし、
必要ないと思っていたものでも一抹のさびしさを感じるかもしれません。
しかし、それは人としてとても自然なことです。
そしてそれらの感情が時間とともにうすれていくことも、とても自然なことです。

この一連の過程から、
「自然(のながれ)にまかせる」ということの大切さを知ることも、
このタロットカードにこめられたポジティブなメッセージなのですね。

***

と、いうわけで、
「塔はこわい意味のタロットカードじゃないよ!」
ということがおわかりいただけましたでしょうか?
(いまいちわかんなーい!という方はコメントでぜひお知らせくださいm(_ _)m)

明日は、
「よくこわがられるけどこわくないタロットカードトップ3」第2位
のタロットカードの意味をご紹介いたします☆

*タイトルを修正しました 2012.11.30

***

11月がお誕生日の方対面タロットカードリーディング1,000円オフ期間は、明日<11/30(金)>鑑定分までです!
当日のご予約もOKですよ〜☆*.*._
くわしくは 割引サービス をごらんください。

★2013年の年間タロットカードリーディング 対面鑑定特別メニューのご予約受付中です。

次回の対面タロットカードリーディングでご利用いただける「割引クーポン」1,000円オフ分プレゼントも、
明日<11/30(金)>鑑定分までです☆
くわしくはこちら→ 年間タロットカードリーディング

▼タロット占いランキングはぐぐーっとUPして5位!! いつもぽちっと応援ありがとうございます〜!(*^o^)人(^-^*)

 blogram投票ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。