週刊タロット占い【タロット☆わたし予報 第136回】(2012.10.8~2012.10.14)

illy(イリィ)

☆今週のキーメッセージ(2012.10.8~2012.10.14)

※文中のタロットカードの横に付いているRとは、逆位置のことです。
※メッセージの前の「★」印は、【大アルカナ】のカードで、
「大きな影響を及ぼす出来事」を表しています。

☆キーナンバーを知るための誘導瞑想文はこちら→ http://tarotscor.com/archives/9646


【1】ソード2+Mother healing.

なにを求められているのか、どう動けばよいのか、
その「兆し」が見えるまで、じっと待とうとすることになるかもしれません。
が、今週は、
なにも見ないように、なにもかんじないようにしながら待つのではなく、
見えるもの、感じるものを、
「ああ、こんなものが見えてるなあ。こんなことを感じてるなあ」
と、受け入れつつ、待っていただきたいと思います。
「緊張」ではなく「弛緩」です。
「閉じる」のではなく、「受け入れる」です。
間近に立つのではなく、安心できる距離から、
ゆったりと観察するのです。
緊張しながら待つスタイルを、ゆったりと待つスタイルに、
実際的に切り替えていくのです。


【2】ソード6R+Simply your life.

人から傷つけられたようにかんじることがあるかもしれませんが、
それは、どのような内容にせよ、
相手には「自分なりの主義、主張」があって、
あなたのそれは、はっきりとしていない、
そのために起きるのかもしれないと思います。
人から低い評価がくだされるのではないかという不安から、
自分の主義・主張をはっきりさせることを避けてきたならば、
今週がそのチャンスです。
自分のこころに、自分はなにをしたいのか、問いかけてみてください。
「あれをしてみたい? これはどう?」
と想像したときに、胸からひろがっていく感覚があるものはなにか、
観察してみてください。
とてもかすかに感じられるかもしれませんから、
しずかに感覚に意識を集中させて。
そして、わかった「自分の主義・主張(「わたしはこうしたい」「これを良いと思う」)」
を、行動と言葉につなげていくことを決断してください。
主義・主張の内容は、これから変わってもいいのです。
「『そのときそのときの自分の主義・主張』にしたがう」ことを、
決断してください。


【3】ソード5R+Make a decision.

「相棒も、準備も、作戦も整っているのに、
なぜ状況が進展しているように思えないの?」
と思うことがあるかもしれません。
が、それにはとてもシンプルな理由があるようです。
それは、
「あなたが、もう必要なくなったもの/無駄なものを所有しているため」
であるようです。
あなたの存在する空間を、シンプルにしてください。
シンプルとは「必要なものがある状態」です。
あなたに力を与えてくれるもの、あなたの役に立ってくれるもの以外を整理し、
処分し、環境を整えてください。
物質的なスペースが整えられると、すべてのスペースが連動し、
整っていきます。
いまはちょうど屋外イベントシーズンですから、フリーマーケットで売ったり、
友達同士で不要品交換会をひらくとたのしく整理できるかもしれないですね。


【4】★吊られた男+Positive energy.

一人きりだ、と思うことがあるかもしれません。
しかしあなたは、その先に光があることを確信しています。
ですから、その状況を「あってしかるべき」ものと感じるかもしれません。
が、
あなたの周りには、「ひとり」で努力をするあなたを、
陰ながら応援してくれたり、力を送ってくれたりする人たちがたくさんいて、
あなたは彼らを自分の周りに引き寄せることが、
今週、あなたに「あたらしい取り組み方」をわからせることになると思います。
ですから、「いっしょにいて気分がよくなる人」たちと、
意識的にいっしょにいるようにしてください。
ごはんを食べるとき、なにかを質問したいとき、
ちょっと人と話したくなったときは、彼らを選んでください。
自分を「自分を気持ちよくさせる人(もの)」で、
つつみこんでください。


【5】ワンド4R+Watch your thoughts.

ある「集まり」について、
「自分のしたいことをやっていたはずなのに、
同士と思っていた人たちとの集まりに行くことに、
気が進まなくなっている…?」
「ほんとうはたのしくないけど、いままで参加してきたし…。
あれ? 自分はそうしたくて集まりに行っていたんじゃなかったっけ?」
と思うことがあるかもしれません。
これは、「いままで」のあなたがしたかったことと、
「いま」のあなたがしたいと思っていること(本心)に、
ずれが生じて来ているためだと思われます。
先に述べたような気分をかんじる集まりがあれば、
一旦、自分の胸に聞いてみてください。
「いま、わたしは、ほんとうはどうしたいと思っている?」
そしてそれと行動や発言をリンクさせてみてください。


【6】★節制R+Blessed change.

親友だと思っていた人と、話が通じない!と感じられたり、
かみ合っていない、あんなにわかりあえていたのに、なぜ?
と思うようなことがあるかもしれません。
その「いつもとちがう!」具合に、びっくりしたり、
もしかしたら落ち込みそうになるかもしれませんが、
あなたは同時に、
「もしかしたら、合わなくなった、ということなのかもしれない。
いま自分は、『いままで』と『これから』の境にいるのかもしれない」
という確信めいた思いを、感じられるだろうと思います。
今週は『いままで』とちがうやり方、接し方で、
人と接するようにされることをおすすめしたいと思います。
それはきっと、あなたを、
よりらくにさせるやり方、接し方なのではないかと思います。


【7】ソード4R+Ready,set,go!

「いつもだったら、ここで向こうからやってくるのにな」
「いつもだったら、もう動きがあっていい頃なのにな」
と、「肩すかし」をくらったような気分になることがあるかもしれません。
『いままで』のあなただったら、
待ちの姿勢でいるだけで、向こうから、あるいは外の世界が動き出して、
あなたはそれに同調するように、動き出せばよかったかもしれませんが、
『これから』は、
あなたが、あなたのタイミングで、あなたから、
あなたがしたいアクションを起こすことが求められているように感じられ、
そうすることで「うまくいった!」と思うことばかりになっていくだろうと思います。
今週は『これから』の最初の週です。
自分の思うように、自分から、いますぐアクションを起こしてみてください。
最初は勇気がいるかもしれませんが、
あなたなら、すぐにその成果に気づき、
その「合理性」を理解されることになるでしょう。


【8】★世界R+Self employment.

「こういうふうに動けば、いつもわたしは満足感を得られた」
「こうすれば、いつもわたしは、周りの人に認めてもらえた」
というスタンダードなやり方を試したのに、
なんだか満足度90%だなあ、とか、
もう一押し、あとちょっとなにかがあると、もっと気分がいいよね、
と思うような「物足りなさ」をかんじることがあるかもしれません。
答えを言ってしまうと、
その「物足りなさ」を埋めるのは、
「『自分の責任で行動する』『自分の意志で決める』
ということを実践する体験」
だと思います。
「周りがよろこんでくれるから」「いままでそれでうまくいってたから」
ではなく、
「いま自分がしたいと思うことをすることに、責任をもつ。
ほかのものを理由にせず、自分の意志で動く」
ということで得られる大きな悦びを、
あなたは身を以て知っていくことになるでしょう。


【9】ペンタクルス9R+Empowerment.

現在の自分のスタイル、たたずまい、
「わたしはこういう人です」というカタチだけが、
一人歩きをしているように感じられることがあるかもしれません。
それは主に、「ほんとうの自分」と、
「人から思われている/そう見えている自分」との、
びみょうなずれや、居心地の悪さを感じることなどで、
気づくことになるのかもしれません。
それは、「いままでのあなた」がほんきになったときの力量と、
「いまのあなた」がほんきになったときの力量に、
おおきな差が出て来ているためではないかと思います。
たとえるなら、
洋服がちいさくなってしまったようなかんじ、でしょうか。
ですから、今週は、
「いまの自分の力量を知ること」をおすすめしたいと思います。
そのためには、ちょっと手を抜き気味になっていたり、
ちょいちょいっとできるようになったことについて、
いまのほんきの力で取り組んでみることです。
パワーアップしているあなたを、自分と周りの人に知らせましょう。
ずれているかんじや、居心地の悪さは、消えてくはずです。


▼毎週末配信! 週刊占いメールマガジン「タロット☆わたし予報」購読申込はこちら
http://www.mag2.com/m/0001110502.html

週刊タロット占いメールマガジン タロット☆わたし予報


▼いつもぽちっと応援ありがとうございます(^^)

blogram投票ボタン

TOP対面タロットカードリーディング電話タロットカードリーディング
スカイプタロットカードリーディング出張鑑定割引サービスタロットカードリーディングスクール
鑑定場所受付時間カレンダー使用するタロットカードについて*SCORについて
真珠(Shinju)プロフィールセッションの流れ占いメールマガジンイベント情報
よくいただくご質問ご相談者さんからの声コラムお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。