【日記】「恋愛」と、「自分に不足している、異性のエネルギーの獲得」

illy(イリィ)

読んでくださった方もおられるかもですが、
今日、Twitterで「恋愛」について、こんなツイートをしました。

「恋愛」について考えていた。
いろんな話を見聞きするなかで、
「両足があるのに、一本足で立っているような人がいるなあ」とかんじた。
誰かを好きになる。
その人といっしょにいると、自分がしっかりして、なんでもできるような気がする。
それで「相手に、自分を好きになってほしい」と思う。

つまり、率直にいうと、
一本足で立っている自分のつえになってくれる相手が好き、というかんじ。
この人じゃなきゃダメなポイントの説得力がうすい、というか、
そもそもそれがはっきりとしていないことの方が多いように思う。

「なんとなくいいなあと思って」は、なぜそう思うのか、
「なんとなく気になる人」は、どこが気になるのか、どう気になるのか。
相手に興味をもつとっかかりは、恋愛に限らずそういうものだと思うけど、
恋愛の場合は特に、それらをはっきりさせないと、自分を迷走させることになるのでは。

自分の想像上の世界にいる相手に恋をしているのか、目の前にいるひとりの人間に恋をしているのか?
まず、自分が見ているのはどちらなのか、はっきりさせて、
その上で、相手とどうなりたいかを考え、
その方法を知るために、タロットカードリーディングを利用されると効率的なんじゃないかなあと思う。

想像上の相手に恋をするのも、生身の人間に恋をするのも、いいとか悪いとかはないです。
ハリウッドスターに恋をすることで、毎日いきいきとしていられる、ということなどあると思うし。
でも結婚したい、子どもを産みたいという人は、生身の人間に注視してた方が、早道だと思う。

これはこれで、言いたいことを書いてんですけど、
じつは、途中で話が横道にそれちゃってるので、
当初、ツイートしようとした、
「両足があるのに、一本足で立っている」
の部分について書いてある本をご紹介しておこうと思います。

何回も読み返してるんですけど、
最近、いろんな恋愛の話を見聞きすることがあったので、
第8章「人との関わり方」の後半の、恋愛に関する部分を、
特に繰り返し読んでいます。

「自分に不足している、異性のエネルギーの獲得」について書かれていて、
なぜ好きだと思った相手といっしょにいるのに苦しいのかや、
自分がなにを求めているのかや、
片思い中、相手に振り回されるような気分になる理由などが、
きっとはっきりするんじゃないかなあと思います。

上記に該当される方や、恋愛の悩みをすっきりさせたい方、
自分や他人を冷静に見つめたい方は、一読をおすすめします。

▼「うわ、読んでみたい!」と思った方も、いま恋愛に興味がない方も、ぽちっと応援お願いします(^^)

blogram投票ボタン

▼携帯電話での閲覧には、facebookページが、見やすくておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。