京都の上加茂神社と加茂川へお花見に行ってきました(前編:上加茂神社編)

illy(イリィ)

追って、イベントのレポートもUPしますが、
2012年4月10日(火)は、京都でのタロット占い+ヘナアートイベントの前に、
京都市下京区にある上加茂神社へお花見に行ってきました。

メンバーは、仏料理レストランオーナーでシェフのCさん、
整体師のYさん、Yさんのお店で働いていたHさんと真珠の4人。

Cさんが先に行って場所取りをしてくださるとのことだったので、
四条烏丸Yさん、Hさんと待ち合わせて、バスで上加茂神社へ向かいました。

「上加茂神社前」で下車し、
あぶり餅のお店を横目で見ながら一の鳥居をくぐると、
そこはだだっぴろい芝生!

その両脇に大小さまざまな桜が植わっています。(ピンぼけですみません)

Cさんがとっておいてくれたのは、
白いしだれ桜「御所桜」の近くの場所。

「御所桜」は、樹の大きさと、フレームに納まりきらない枝の長さが圧巻でした。

遠くから見ても、すごい存在感。

そしてお待ちかねのお弁当タイム♥
Cさんお手製の餅豚とわけぎの塩麹炒め、ハーブと鶏肉のポテトサラダ、
ホタテのえんがわの煮物、そのほかイロイロ…、
ぜんぶとっってもおいしかったです(´∀`*)

おやつの小椋山荘のチョコおかきもおいしかった☆

お弁当のあとは、二の門をくぐって神社の中(?)へ。

クイズ.これはなんでしょう?

答え:「立砂(たてすな)」
小さくくだかれた白い石が、円錐状に積み上げられたもので、
神様が降りてくる場所を浄化するものなのだそう。

浄化の盛塩は、立砂の形を模してるのかな?

その向こうのはこんなかんじ。
整えすぎてないところがかっこいいです。
ちなみにさらに奥には、
「ほぼ山やろ!」ってくらいナチュラルな一角がありました。

小川が流れています。
「奈良(楢)の小川」というそう。

川を渡ると、朱色の大きな楼門(ろうもん)があります。
改めて写真で見ても、すごくていねいに作られてますね…。

門と言っても、幅と同じくらいの奥行きがあります。

真珠的には、二の鳥居から奥がすごくよかったです。
あたまがからっぽになって、体がすごく軽くかんじられて、
ハイテンションでYさんにしゃべりまくってた気がします…(Yさん、うざくてごめんなさい!)。

この先にある参拝所でのお参りは、ほぼ瞑想状態だったし、
もう、すーーーっごくきもちよかったです。

また行きたいなあ〜〜〜〜〜(´∀`*)

***

そして上賀茂神社を出て、加茂川沿いを南下して行きます。

◇◆加茂川編につづく◆◇
【日記】京都の上加茂神社と加茂川へお花見に行ってきました(後編:加茂川編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。