【日記】大阪谷町六丁目セッションルームで、無印良品の超音波アロマディフューザーを使ってみました

illy(イリィ)

「小アルカナのタロットカードで自分の特性を知る」
という記事を書いていたんですが、
想像以上に時間がかかりそうだったので(それでこんな時間になってしまいました。現在2:03am)、
それはまた今度にして、今日は別の話題をば。

2012年3月13日(火)は、
大阪谷町六丁目セッションルームに飾っていたヒヤシンスの香りが薄くなったので、
友達Nちゃんに買ってきてもらった、
無印良品の超音波アロマディフューザーを初めて使ってみました。

オイルは前からあったベルガモット。
甘い柑橘系の香りがします。

アロマディフューザーのカバーを外して、
付属のカップで水を100ml計って注ぎ、
アロマオイルを1、2滴…
のつもりが、どどどっと4、5滴のオイルがin…。

今週は頭の中にバカボンパパが住んでいますので(バカボンパパについてはこちら)、
まあいっか!とスイッチを180分でon!
(なんとタイマー付き! 眠りながら使える!)

ああいい香り〜(´∀`*)
と、そのまま作業すること5分。
…なんだか鼻がつかれてきてしまいました…(^ω^;)

説明書に「水を入れたらうごかしちゃだめ!」と書いてあったけど、
数分後にご相談者さんがいらっしゃるため、背に腹は代えられぬ(?)。
コンセントを抜いて、カバーを外して、そうっと水場へ移動して、
中の水を半分流して、希釈してきました。

でも今度は薄すぎたみたいで、ほとんど香りがわからず。
当たり前のことながら、オイルを適量入れることのがキモなんですね…。

そしてスイッチを入れる前に「いい香り〜」と思うくらいの濃さは、
ずっとつけてると鼻がしんどくなるんですね。
勉強になりました。

ドロッパーから、じょうずにオイルをたらすコツってあるんでしょうか?
ぽぽぽぽぽっと一気に落ちて半分に…、とかよくやってしまうんですが…単に不器用なだけなのかな。
今度、アロマセラピストのお友達まさこさんに聞いてみよう。

鑑定中にこんな効果のあるアロマが漂っているといいのでは? というご意見や、
おすすめのオイルがあれば、ぜひ教えてください(^^)


いいな! と思ったら、クリックで応援をおねがいします(^^)

blogram投票ボタン

*SCORのfacebookページはこちら! イイネ!をクリックすると、更新情報が届きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。