意外と知られていない? タロットカードリーディング/タロット占いの「前提」

illy(イリィ)

先日、鑑定を受けてくださった方から、
「この時期に変化があるとのことでしたが、それまではどうすごせばいいんでしょうか?」
というご質問をいただきました。

タロットカードリーディング/タロット占いの「前提」って、
意外と知られてないのかもしれないなと思ったので、
そのことについて、ちょっとお話をしようと思います。


タロットカードリーディング/タロット占いは、
「相談をされた瞬間の相談者さんなら、この先どうなるか?」という、
シミュレーション結果を読みとるテクニックです。

(人の気持ちも読みとれますが、今回は割愛しますね)

つまり、タロットカードリーディング/タロット占いの「未来」は、
相談者さんの方針や、行動の仕方を変えることで変化させることができるのですね。

現在→方針・やり方→未来の傾向「相談者さん」がスタート地点で、
「方針や、行動の仕方」が方向で、
「未来」がゴールというかんじかな?

ですから、
「未来(の傾向)」が相談者さんにとってよろこばしいものならは、
「こうなりそうですから、相談者さんが特別なことをする必要はないですよ」
とお伝えしていますし、
そうでなさそうなものならば、方向修正のために、
「こうすることが大切ですよ、ぜひこうすることをおすすめします」
とお伝えしています。


タロットカードリーディング/タロット占いで読みとれる未来(の傾向)は、
最長1年先までです。

この決まりの根拠については、いままで読んだ本などにも書かれてなくわからないのですが、
個人的には、
情報を呼び出す起点となるのが、人という変化し続けるものであるためではないかと思っています。

リーディングをしているときの実感としても、
1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後と長期間先の未来の状況になるほど、
読みとれる情報が薄まっていく感じがあります。

厳密に言うと、訴えかけてくる力が弱いというかんじなので、
読みとれる情報が多くなかったり、具体的でなかったりします。
(このへんはあくまで真珠個人の感覚ですよ〜)

そういうこともあって、未来を知りたいという方にはたまに、
「いまやる気まんまんですか?」「それに対して意欲的ですか?」
とうかがうことがあります。

「やる気満々!」「即行動できるよ!」という場合なら、
たくさんの情報があった方が動きやすいですし、
なにより、ただちに「方向修正」をされるだろうと思うので、そういったときには、
「未来」に、1ヶ月後や3ヶ月後の、近い未来を設定することをお勧めしています。


このような性格から、
タロットカードリーディング/タロット占いは、
<「具体的な物事」について、「対策」「情報」を知りたいとき>に向いている占術ではないかと思います。

「好きな彼ともっと仲良くなるためにはどうすればよいか?」
「Aの道とBの道、どちらに進むべきか?」
などのご相談は、まさにタロットカードリーディング/タロット占いにぴったりです。

逆に、
1年超の未来のことや、いまはどういう時期か?というような質問の場合は、
生年月日や名前などから読みとる占術(西洋占星術、四柱推命など)の方が向いていると思います。

知りたいことによって、占術を使い分けたり組み合わせたりすると、
より「受けて良かった!」と思える相談ができるんじゃないかなと思います。

良かったら、知りたいことができたときの参考にしてみてくださいね!


いいな! と思ったら、クリックで応援をおねがいします(^^)

blogram投票ボタン

*SCORのfacebookページはこちら! イイネ!をクリックすると、更新情報が届きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。