小アルカナ(ワンド)の意味について

ワンドの意味についてバナー

タロットカードを使った内観サポートリーディングで使用している
ライダーウェイト版タロットカード小アルカナ(ワンド)の
絵柄の解説と、正位置・逆位置での意味の一例をご紹介します。

★タロット占い情報サイトTarot.com Japanで小アルカナの解説ページを執筆しました。
>> Tarot.com Japan


小アルカナ ワンドエース
ワンドエース

ワンドエース

雲から突き出した右手が、新芽の生えた棒を握っている様子が描かれています。
棒(ワンド)は、生命力、情熱、本能などの象徴として描かれています。

そのため、このカードは、熱意をもってなにかをスタートさせるときや、強い意欲などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、活力不足のときや、勢いが空回りしているときなどを表します。


(正位置)意欲的なスタート、生命力に満ちあふれている、なにかを始めたいという意欲をもっている、情熱をもって行動を起こす >>解釈の実例
(逆位置)元気はあるが結果に結びつかない、意欲が十分でない、方向性がない、とにかくやってみる >>解釈の実例


小アルカナ ワンド2
ワンド2

ワンド2

地球儀と棒を持った人物が、石造りの建物の上から海を見つめる様子描かれています。

そのため、このカードは、ある程度の地位に達したことや、その先の展望についてを考える時期などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、未来に対する不信などを表します。


(正位置)係長クラスの人物、昇進・昇格する、一段落する、仕事と私生活のどちらも大切にすることが重要、これからやりたいことについて考える >>解釈の実例
(逆位置)将来の展望が思い浮かばない、成長や発展に意欲をもてない、これからやりたいことについて考えることをやめる >>解釈の実例


小アルカナ ワンド3
ワンド3

ワンド3

右手に棒をもった人物が、丘の上から海を見下ろしている様子が描かれています。
彼は、自分の管理する商船が、海を行き交う様子を眺めています。

そのため、このカードは、更なる発展や、グローバル化などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、視野を拡げることができず、自分の知らないことへの好奇心を失うことなどを表します。


(正位置)部長クラスの人物、ゆるぎない地位を築く、世界観が広がる、対象地域が広い、明るい未来に目を向ける >>解釈の実例
(逆位置)野心がなくなる、いま以上の成長を望まない、自分がもたらした現状に目を向ける >>解釈の実例


小アルカナ ワンド4
ワンド4

ワンド4

華やかに飾られたアーチの向こうから、2人の人物が手を振る様子が描かれています。
ここは、大勢の人たちが着飾り歓談している、大きな屋敷の庭にあるパーティー会場です。

そのため、このカードは、人々が楽しむために集まることや、ハレの日などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、意味のない集会や、乱痴気騒ぎなどを表します。


(正位置)パーティー会場で出会う、人が集ってにぎやかなところが好き、同じ趣味の人が集まるところ、興味をそそる飲み会・合コン・お祝いの席 >>解釈の実例
(逆位置)形だけのにぎやかさ、発展性のない集まり、おもしろそうと思えなくても参加する >>解釈の実例


小アルカナ ワンド5
ワンド5

ワンド5

5人の若者が、それぞれ手にした棒を振り回している様子が描かれています。
一人ひとりの違った装いが、異なる価値観や意識を持った人物が集まっていることが表してます。

そのため、このカードは、多くの人と意見を言い合うことや、試行錯誤している状態などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、実りの少ない言い争いや、結論の出ない考え事などを表します。


(正位置)考えがまとまっていない、自分がどうしたいかを考える、熱い議論を交わす >>解釈の実例
(逆位置)頭の中がこんがらがっている、建設的でない議論、結論を出すことよりも意見を出し合う場をもつこと自体が重要 >>解釈の実例


小アルカナ ワンド6
ワンド6

ワンド6

馬にまたがった人物が、仲間を引き連れて勝利の凱旋をする様子が描かれています。
この馬は実はハリボテで、中には人が入っています。これはお芝居のワンシーンなのです。

そのため、このカードは、一時的な勝利や、優越感を味わっていることなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、優位な状態からの形勢の逆転などを表します。


(正位置)優越感を味わう、得意になる、現在は頭一つ分リードしている、まとめ役になる、自信をもって行動する、楽観する >>解釈の実例
(逆位置)大勢の中の一人、特別扱いを受けない、大勢の中でもがく、優位に立とうとしない >>解釈の実例


小アルカナ ワンド7
ワンド7

ワンド7

棒を構えた人物が、丘の下から突き上げてくる棒をさばいている様子が描かれています。
この人物は精神的な余裕を失っていて、左右違う靴を履いてきてしまいました。

そのため、このカードは、四苦八苦しながらもなんとかやりおおせている状態などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、対応能力の限界を超えている状態などを表します。


(正位置)精神的な余裕がない、一時にあちこちから連絡が入る、がむしゃらにこなす、次々にさばいていく >>解釈の実例
(逆位置)エネルギーを浪費するだけ、対応しきれない、出来るだけのことをするだけで良い >>解釈の実例


小アルカナ ワンド8
ワンド8

ワンド8

8本の棒が、速いスピードで空を飛んでいく様子が描かれています。

そのため、このカードは、複数の物事が同時にスピーディーに進行することなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、物事の停滞や停止などを表します。


(正位置)物事が急に動き出す、多くの物事を平行して進める、急展開を見せる、とにかくたくさん連絡をする >>解釈の実例
(逆位置)停滞する、変化が見られない、一時停止させる、行動を起こさないでいる >>解釈の実例


小アルカナ ワンド9
ワンド9

ワンド9

砦の上で、棒を握りしめ、外の様子を伺っている人物が描かれています。
頭にけがを負っており、またいつくるともしれない襲撃に備え、身構えています。

そのため、このカードは、ハンディを背負いながらも、なにかを守ろうとしている状態などを表します。

位置(R)で表れた場合は、守る目的を見失った状態などを表します。


(正位置)最後の意地を見せる、身構えている、相手からの出方を待つ、主導権は相手にある >>解釈の実例
(逆位置)出遅れる、守る目的を見失う、意固地になる、なりふりかまわず守り続ける >>解釈の実例


小アルカナ ワンド10
ワンド10

ワンド10

10本の棒を抱きかかえ、背中を丸めて歩く人物が描かれています。
その背中には疲労感がただよい、彼方に見える町まで運ぶには少々無理があるように見えます。

そのため、このカードは、限界を超えた量の物事を抱え込んでいるときなどを表します。

位置(R)で表れた場合は、抱えこんでいた物事からの解放などを表します。


(正位置)肉体的限界、疲労困憊している、抱え込みすぎている、無理がある、苦労を承知で一切合切を引き受ける >>解釈の実例
(逆位置)手放さざるを得なくなる、自分の限界を認める、苦役からの解放、ひとりでなんとかしようとしない >>解釈の実例


小アルカナ ワンドペイジ
ワンドペイジ

ワンドペイジ

若者が、手に持った棒を見つめている様子が描かれています。
彼は、王・女王・騎士に使える小姓で、彼らからの知らせを人々へ伝えようとしています。

そのため、このカードは、意欲的に物事に取り組む若者や、明るく元気で無邪気な人物などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、稚拙な振る舞いで注目を集めたがる人物などを表します。


(正位置)メッセージを持った若者との接触、やりたいことを始める準備を開始する、前向きで謙虚な態度で接する >>解釈の実例
(逆位置)わがままで幼稚な人物との接触、思いつきの発言で人を翻弄する、思いつきを口にする >>解釈の実例


小アルカナ ワンドナイト
ワンドナイト

ワンドナイト

右手に棒をもった騎士が、荒馬にまたがり荒野を行く様子が描かれています。
気性の荒い馬の様子は、そのまま騎士のタイプを表しています。

そのため、このカードは、行動力のある熱血漢の青年や、血気盛んな人物などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、衝動的・短絡的な行動をとる人物などを表します。


(正位置)エネルギッシュな青年との接触、意欲的に行動する、積極的に挑戦する >>解釈の実例
(逆位置)感情的で荒っぽい青年との接触、独りよがりな行動、思いつきの行動で周囲を振り回す、思いつきを行動に移す >>解釈の実例


小アルカナ ワンドクイーン
ワンドクイーン

ワンドクイーン

右手に棒を、左手にひまわりの花を持った女王が、椅子に座っている様子が描かれています。
彼女はたのしいことが好きな陽気な性格で、 訪れる人を笑顔でもてなします。

そのため、このカードは、明るくおおらかな女性や、感情表現が豊かで受動的な人物などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、自己顕示欲の強い女性や、情に訴えてわがままを通す人物などを表します。


(正位置)天真爛漫な女性との接触、そこにいるだけで周りが明るくなる、感情表現豊かに話す >>解釈の実例
(逆位置)なりふりかまわず注目を集めたがる女性との接触、感情表現がおおげさ、わがままを言って甘える >>解釈の実例


小アルカナ ワンドキング
ワンドキング

ワンドキング

右手に棒を持った王が、椅子に座っている様子が描かれています。
彼は人々に自分の思いを熱く語り、それを実現させようと積極的に行動を起こします。

そのため、このカードは、情熱的で行動派の壮年男性や、エネルギッシュでカリスマ性を持った人物などを表します。

位置(R)で表れた場合は、独善的なふるまいをする壮年男性などを表します。


(正位置)現場叩き上げの熱血社長タイプの人物との接触、情熱的で頼れる人物、鼓舞し不屈の精神であたる >>解釈の実例
(逆位置)大風呂敷を広げる壮年男性との接触、頭に血が上りやすい人物、熱しやすく冷めやすいことから周りを振り回す >>解釈の実例


※記事の無断転載を禁じます

より安心してらくに過ごしたい方へ、自分の内側を見つめ、受け入れること、
頭の整理、状況の認識を、タロットカードを使ったリーディングでサポートします。

▶️タロットカードを使った内観サポートリーディング