大アルカナの意味について

大アルカナの意味について

タロットカードを使った内観サポートリーディングで使用している
ライダーウェイト版タロットカード大
アルカナの
絵柄の解説と、正位置・逆位置での意味の一例をご紹介します。


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 愚者
0.愚者

0.愚者

華やかな服装の青年が、崖から身を乗り出している様子が描かれています。
彼は好奇心旺盛な自由人で、変わったことが好き。
現代なら、世界中を旅するバックパッカーや、斬新な作品を作り上げるアーチストのような人物です。

そのため、このカードは、思い切った行動を起こすときや、いままで経験したことのないことに挑戦することなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、思い切った行動を起こせないことや、窮屈さを感じる状況、
自分で自分に限界を設けた状況などを表します。


(正位置) 自由奔放に生きる人物との接触、未経験のことに挑戦する、人の目を気にしない >>解釈の実例
(逆位置) 行動を起こしにくい、不自由な気持ち、人を振り回す、現実的なやり方に徹する >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 魔術師
Ⅰ.魔術師

Ⅰ.魔術師

魔術師が、さまざまな道具をテーブルの上に並べて、なにかを始めようとしている様子が描かれています。
彼は、道具についての知識を持ち、使い方を知っていて、それについて話したり、やってみせることができる、知的で社交的な人物です。

そのため、このカードは、実際的なスタートや、なにかを為そうとする強い意志、知識や経験を公の場で表現することなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、計画の甘さが発覚することや、知識・技術・会話の不足などを表します。


(正位置) 誠実で意欲にみちた人物との接触、経験を生かせる場面に遭遇する、実際的な行動を起こす >>解釈の実例
(逆位置) スキルを磨く必要がある、誠実さに欠く、計画を練り直す必要がある、話を合わせる >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 女司祭長
Ⅱ.女司祭長

Ⅱ.女司祭長

あの世とこの世を分ける門の前に座った、聖職者の女性が描かれています。
彼女は、 2つの世界を知っていて、鋭い直感で物事や相手の本質を見抜きます。
勘がよく品行方正な学級委員長といったかんじの人物です。

そのため、このカードは、静かに本質を見極めることや、清らかな雰囲気などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、現実世界と精神世界のアンバランスや、ネガティブな考えに捕われている状態などを表します。


(正位置) 知的でもの静かな雰囲気をもった人物との接触、清らかな関係、冷静に観察する >>解釈の実例
(逆位置) 偏見を持っている、ダメだしするばかりで行動しない、潔癖、ヒステリックな言動 >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 女帝
Ⅲ.女帝

Ⅲ.女帝

豪華な椅子にかけてくつろぐ女性が、豊かに実る麦畑ごしにこちらを見やって微笑んでいます。
彼女はさまざまなものを生み出し、愛情をかけて育てる大いなる母で、全てのものを受け入れるおおらかな心と、豊かな愛情をもっています。

そのため、このカードは、華やかな雰囲気をもった受動的な人物や、新しいものが次々と生み出されているさま、豊かさなどを表しています。

逆位置(R)で表れた場合は、愛情に飢えている状態や、自分や他人の情に流されている状態などを表します。


(正位置) 華やかな雰囲気の女性との出会い、満ちたりた気持ち、細やかな心配りでもてなす >>解釈の実例
(逆位置) わがままな女性との接触、怠惰な生活、過剰な接待をする、おねだりをする >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 皇帝
Ⅳ.皇帝

Ⅳ.皇帝

岩山の頂上に置かれた椅子に座った王様が描かれています。
彼は数々の戦に勝ち、権力と地位を手にした、好戦的で上昇志向の人物です。
紆余曲折の人生を生きてきた経験を生かし、人々を率いていこうとしているリーダーです。

そのため、このカードは、苦労を乗り越えて安定した位置に落ち着くことや、雄々しく血気盛んな人物などを表しています。

逆位置(R)で表れた場合は、柔軟性に欠けている人物や、プライドが仇となる状況などを表します。


(正位置) 雄々しく血気盛んな人物との接触、指揮をとる、さらに上を目指す、決めたことを変えない、積極的に攻めていく >>解釈の実例
(逆位置) 頭が固く封建的な人物との接触、権力を振りかざす、力づくでいく >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 法王
Ⅴ.法王

Ⅴ.法王

2人の弟子にかしづかれた法王が描かれています。
彼は聖なる教えを広めようと、だれにも礼儀正しく、穏やかな態度で接する、面倒見のよい人物です。

そのため、このカードは、自分の知識を広めようとしている人物や、法律によって得られた円満な状態などをなどを表しています。

逆位置(R)で表れた場合は、本音と建前を使い分ける人物や、臨機応変な対応ができていない状況などを表します。


(正位置) 誠実で道徳的な人物との接触、役所や教育に関する場所に行く、自分よりも他人を優先する >>解釈の実例
(逆位置) 世間体を気にする人物との接触、形骸化したルール、本質が抜け落ちた行為、話を合わせておく >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 恋人
Ⅵ.恋人

Ⅵ.恋人

楽園に住むアダムとイブが、天使に見守られている様子が描かれています。
彼らは、 人を愛する喜びに満ちあふれた毎日を送っています。
さまざまな出会いの機会をたのしみ、交流の輪を広げていくことを望む人物です。

そのため、このカードは、心を開いて人と交流することや、五感をフル稼働させて目を輝かせている状況などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、そのときさえ楽しければ良いという考えや、軽薄な人物などを表します。


(正位置) 新鮮で興味深い人物との接触、楽しい時間を共有する、心を開いて接する >>解釈の実例
(逆位置) 薄っぺらい関係、気持ちが浮ついている、感性や考えの不一致、軽くあしらう >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 戦車
Ⅶ.戦車

Ⅶ.戦車

若者が、スフィンクスに引かせた戦車に乗って、新しい世界への冒険に出発する様子が描かれています。
彼は、さまざまな不安をかんじながらも、広い世界で自分の力を試したいという強い欲求に突き動かされ、前進していきます。

そのため、このカードは、実際的な行動を起こすことや、熱意をもった行動派の若者などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、無目的な行動(行動を起こすことが目的になっている)や、短絡的な判断から行動を起こしてしまう人物などを表します。


(正位置) 若き実業家のような人物との接触、無我夢中ですすむ、考えが顔にでるタイプ、初期衝動が大事 >>解釈の実例
(逆位置) 衝動的な行動で周りの人をふりまわす、考えが未熟、勢いだけで本質が伴っていない、強引に押し切る >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 力
Ⅷ.力

Ⅷ.力

獰猛な獅子をてなづけた女性が描かれています。
彼女は、 不屈の精神をもって、長い時間をかけて獅子を調教し、獅子との信頼関係を築きました。
ときには耐えて、ときには受け入れながらも、正々堂々と、根気づよく努力を重ねることができる人物です。

そのため、このカードは、誰かとの信頼関係や、真の強さを発揮する状況などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、相手とのパワーバランスがとれていない状態や、自己コントロールが出来ていない状態などを表します。


(正位置) わがままな相手と信頼関係を築く、女性上位、根気づよくなだめすかしてコントロールする >>解釈の実例
(逆位置) 自分をコントロールできない人物との接触、自分の感情に振り回される、激しい感情表現 >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 隠者 
Ⅸ.隠者

Ⅸ.隠者

人里離れた山の頂上で、行く先を見通そうと、老人がランプを掲げています。
彼は、一人で、精神性の向上や、目に見えない物事についての思索や、瞑想にふける毎日を送っています。

そのため、このカードは、精神的な向上に興味をもつ人物や、一人になって考えている状態などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、じっと引きこもっている状態や、屈折した考えを持つ人物などを表します。


(正位置) 一人で行動することを好む、世俗的なことに興味がない、自分自身や自分の未来について考える、一人きりになる時間を作る >>解釈の実例
(逆位置) 人に関わりたがらない、内にこもる、世間との関わりが薄れる、孤立する、相手を避ける >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 運命の輪
Ⅹ.運命の輪

Ⅹ.運命の輪

天空に浮かんだ大きな車輪が、4匹の聖獣に見守られながら回転している様子が描かれています。
輪の回転は、 さまざまな物事に、さまざまな変化を起こします。
いわゆる運気の変化を司るのが、この運命の輪です。

そのため、このカードは、人生の波や、波を引き起こすイベントなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、タイミングの不一致や、停滞感などを表します。


(正位置) 思いがけない喜ばしい出来事が起こる、好転のきっかけを得る、きっかけとなるイベントを作る >>解釈の実例
(逆位置) マンネリ感が漂う、相手との物理的なすれちがい、タイミングが合わない、変化を起こさない >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 正義
Ⅺ.正義

Ⅺ.正義

石で作られた2本の門柱の前で、女性裁判官が右手に剣を、左手に天秤を持って座っている様子が描かれています。
彼女は、情に流されることなく、冷静に、法に基づく裁きを下します。

そのため、このカードは、確固たる信念に基づく判断が求められる状況や、その判断を下すことなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、判断基準が定まっていない状態や、情に流されて判断を下す人物などを表します。


(正位置) Yes/Noをはっきりと述べる、周囲の人に左右されない、自立した関係、自分の意志を通す >>解釈の実例
(逆位置) 相手の意見に流されやすい、バランスがとれていない、価値観のずれ、公私混同 >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 吊られた男
Ⅻ.吊られた男

Ⅻ.吊られた男

木に右足を結びつけられ、吊り下げられている男性が描かれています。
彼は、肉体的な苦痛を味わいながらも、その時間の中にすばらしいものが隠されていることを知っています。

そのため、このカードは、長い時間耐え忍ぶことで得られるものがあることや、そのような状態にあることをなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、献身から得られるものがないときや、肉体の限界などを表します。


(正位置) 苦痛に耐えて尽くす、身動きが取れない、肉体的疲労が溜まっている、その場から動かない >>解釈の実例
(逆位置) 無意味な苦労、耐えられなくなる、犠牲的な行為 >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 死神
ⅩⅢ.死神

ⅩⅢ.死神

死神が、白馬にまたがって、地上を闊歩している様子が描かれています。
足下には屍が横たわり、向き合った神父と女性は、自らに死が訪れるのを待っています。

そのため、このカードは、生活環境の大きな変化や、次のターンへの移行などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、どっちつかずの状態や、足踏み状態にあることなどを表します。


(正位置) 留学を控えた学生、海外へ行く、人生の節目を迎える、次へ進む、白黒はっきりさせる >>解釈の実例
(逆位置) はっきりとしない、グレーゾーン、停滞する、曖昧にしておく >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 節制
ⅩⅣ.節制

ⅩⅣ.節制

豊かな水をたたえた池のほとりに、天使がたたずんでいる様子が描かれています。
天使は両手に金の杯を持ち、左の杯から右の杯へと水を移しています。
杯はこころ、水は愛情を表しています。

そのため、このカードは、交流によって絆が深まっていくことや、双方にとって無駄のない交流が交わされていることなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、有益性の低い交流や、一体感を感じにくい状況などを表します。


(正位置) 気兼ねなく話せる人物との接触、心が洗われるような交流、自然の多い場所、こころを開いて素直に話す >>解釈の実例
(逆位置) 鈍感な人物との接触、意見が食い違う、理解が深まりにくい、話が合わなくても一緒にいる >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 悪魔
ⅩⅤ.悪魔

ⅩⅤ.悪魔

人間の男女が、悪魔がしゃがみこんでいる台に鎖でつながれている様子が描かれています。
彼らは、自分たちが悪魔に捕らえられていることも、逃げようと思えば鎖から頭をぬいて逃げられることも知っています。

そのため、このカードは、なにかの虜になっている状態や、物や状況や人に依存しやすい人物などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、中毒状態にある場合や、心身の感覚が麻痺している状態などを表します。


(正位置) 粘着的な人物との接触、盲目的になる、視野狭窄、背徳的な恋愛、体の相性が良い、色仕掛けで翻弄する >>解釈の実例
(逆位置) 心身の疲労に気づかない、アイデンティティを失う、地の果てまでついていく >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 塔
ⅩⅥ.塔

ⅩⅥ.塔

石で作られた高い塔が、突然の落雷を受けた瞬間が描かれています。
長い年月をかけて作られた塔は打ち砕かれ、その衝撃で2人の男女が塔から飛び出しています。

そのため、このカードは、長い年月をかけて出来上がったものが打ち砕かれるとき、「いま」に合ったものが必要なことなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、ショック状態にあるときや、荒涼とした状況などを表します。


(正位置) 組織の統廃合、価値観の大きな変化、突発的な出来事、隠し事がばれる、ショックを与える >>解釈の実例
(逆位置) 巻き添えをくう、収集がつかない、荒れるがままにほったらかしにしておく >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 星
ⅩⅦ.星

ⅩⅦ.星

星が輝く夜に、裸の女性が、両手に水の入った壷を持ち、池と大地に水を注いでいる様子が描かれています。
真ん中の大きな星は、人々に方角を教え、その美しさで人々を魅了します。

そのため、このカードは、物事の方向性や、人に希望を与えるもの、理想などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、期待がしぼむことや、こころのハリを失った状態などを表します。


(正位置) 理想的な人物との接触、憧れの人物、目的がはっきりする、方向性が定まる、発案、ひらめきを大切にする >>解釈の実例
(逆位置) 残念に思う、期待が大きすぎた、魅力が色あせる、目立たないようにする >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 月
ⅩⅧ.月

ⅩⅧ.月

夜空に浮かんだ満月に向かって、2匹の獣が吠えている様子が描かれています。
月には苦悩する女性の顔が映し出され、獣は本能的に吠えかかっています。

そのため、このカードは、「見えないもの」への本能的な不安や、悩みを抱えていることなどを表しています。

逆位置(R)で表れた場合は、不安の正体が見えてくることや、気持ちが落ち着いてくることなどを表しています。


(正位置) 未来や人の気持ちについて思い悩む、大きな不安を感じる、淋しさや悲しみを味わう、自分の胸の内にしまっておく >>解釈の実例
(逆位置) 悩み事の解決の糸口が見えてくる、現実を受け入れる、物事を客観的に見られるようになってくる、時の流れとともに明らかになる >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 太陽
ⅩⅨ.太陽

ⅩⅨ.太陽

太陽の光をさんさんと浴びて、白馬にまたがった裸の子どもがはしゃいでいる様子が描かれています。
太陽に見守られ、彼は自分がなんでもできるということを知っています。

そのため、このカードは、明るく無邪気な人物や、自由に振る舞える状況などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、自己中心的な人物や、自分を生かしきれていない状況などを表します。


(正位置) 自由に振る舞う、前向きな態度、注目を浴びる、素の自分を出す、あけっぴろげな態度で接する >>解釈の実例
(逆位置) 不完全燃焼、8割方満足する、人を振り回す、幼稚、こどもっぽいやり方、相手に自分の弱いところを見せる >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 審判
ⅩⅩ.審判

ⅩⅩ.審判

天使が吹き鳴らす復活のラッパの音色を聞いて、人々が棺桶の中から起き上がり、歓喜の声を上げている様子が描かれています。
棺桶は、肉体のかわりに、人々のたましいを個別におさめています。
天使のラッパは、彼らに新しい生をスタートさせるときを告げています。

そのため、このカードは、大きな感銘を受ける出来事や、精神性の向上などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、ベストタイミングがまだきていないことや、やる気が失せている(腐っている)状態などを表します。


(正位置) 精神性の高い人物との接触、世界が輝いて見える、改心する、本質を見抜く >>解釈の実例
(逆位置) ゴール目前で諦めてしまう、聞く耳をもたない、干渉せずにほうっておく >>解釈の実例


ライダーウェイト版タロットカード 大アルカナ 世界
ⅩⅩⅠ.世界

ⅩⅩⅠ.世界

鷲、獅子、雄牛、人(もしくは天使)に見守られ、植物で編まれたリースの真ん中で、羽衣をまとった裸の女性が踊っている様子が描かれています。
彼女は、自分がこの世界と一体であることを知っています。

そのため、このカードは、すべてにおいてベストな状態や、個から全に向かうさまなどを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、決め手に欠ける状態や、改善の余地がある状態などを表します。


(正位置) 関わる人全員にとって喜ばしい結果がでる、丸く収まる、自立する、小宇宙を作り上げる、周囲との一体感を味わう >>解釈の実例
(逆位置) 未完成、周囲とのずれ、改善の余地あり、完璧を目指さない >>解釈の実例


※記事の無断転載を禁じます

より安心してらくに過ごしたい方へ、自分の内側を見つめ、受け入れること、
頭の整理、状況の認識を、タロットカードを使ったリーディングでサポートします。

▶️タロットカードを使った内観サポートリーディング